キュラソ星人の罠

昨日お参りに出かけようと、メットを被って三輪車のセル廻す。

ふと目を落とすと、燃料計のメモリがあと2つ。

『ナントカもつかな・・・。 給油は帰りで、まぁエエか。』 と、とっさに判断して出かけた。

柳原から阪神高速に乗って、東へ飛ばしていると、「ええっ!」 (@_@)

メモリが3つに増えているではないか!! なんでやねん!

減ることは、あっても増えた事は、初体験。 バージンショック!
スポンサーサイト

アドリブ

久しぶりに吉本新喜劇をナマで見た。 テレビでは無く、なんばグランド花月で。

座長が辻本茂雄さんの公演だったが、途中でアドリブをバンバン入れるのには、驚いた。

またシナリオの打ち合わせにズレがあったようで、座員が戸惑っている所にもドンドン突っ込みを入れられる。

それがまた面白くて、皆大笑い。 最後は客席まで巻き込んで、小屋に一体感を作り出す。

あらかじめ計算された笑いでは無く、ライブならではの醍醐味だった。 

1日に何回も、そして毎日やっているはずなのに、緊張感が漂っている。

私も人前で話す機会が増えてきて、あの機転と臨場感を身につけたいと願う。

つるんとしたもの

何かを作ろうとする時。 何かを書こうとする時。

私はなるべく色んな人の意見を聞くようにしている。

特に批判的な考えや意見は是非聞かせて欲しいと、心底願う。

自分に無い考えや違った見方は、成長になり幅が拡がると思うからだ。

しかし、それをどこまで取り入れて、反映するのかは難しい。

全てに迎合し万人ウケするのは、ツマラナイつるんとしたものになるからだ。

毒はいつも刺激的な薬に変わる。

新開地音楽祭

昼から珍しく法事が入らなかったので消防団に出動した。

どしゃ降りの雨の中、野外音楽ステージの警備である。

こんな天気でも熱心に見に来てる方が結構いて、ビックリ。

警備といってもカッパ着て生演奏を立って聴いてるだけです。

気持ちいいブルースとジャズを堪能しました。

70年代の電通戦略十訓

アフロのイナガキさんの本を読んでいる。

私は高度成長期に生まれ育ってきた。 小学校時代は薪風呂だったし、それが壊れて風呂屋へも通った。

洗濯機の脱水はローラーで、服を伸していた記憶が確かにある。

大学生の時は白黒テレビで、電話はクロ電話だった。 レコードからカセットテープ、コンポへと音楽シーンは彩られた。

物を手に入れたら幸せになれる。 まだまだ足りない・・・そんな戦略に踊らされていたのだ。

人が生きて行く上で必要な物って、実はそんなに無い。 大量商品の海で、もがき苦しむ私達。

家電を捨てたら、欲も無くなり自由になった。 まさにシンプルな生き方が、今の私達に問われている命題だと思います。
プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR