FC2ブログ

広くなった通学路

40年ぶりにだろうか。 高校の通学路を当時と同じコースで歩いてみた。

同じ区内にある母校だが、一方通行も多くて車や単車で普段は通ることの無い道ばかり。

車が入れないような細いジャリ道や私道もあって、今回のように意識して歩かないと通ることはない。

「あれ?ここやったかな?いやもう一本先か?」と、当時とあまりに様子が変わっているので首をかしげながら進む。

子供の頃に体験した遊び場や道を久しぶりに訪れると「アレ?こんなに狭かったけ?」と普通は小さく感じられるもの。

ところが今回は逆だった! 「こんなに広かったっけ??」 「あぁ・・・震災か。」 その結論に胸が締め付けられた。
スポンサーサイト



テープという大良薬

花粉の季節がようやく終わろうとしている。 

今年は飲み薬に加えてシーズン終わりに薬局で目に付いた鼻テープを試してみた。

思ったより私に合っていたのか、少しは眠れるようになった。

いつも睡眠時に喉が乾くので、枕元に水を置いては何度も目覚めて夜中に飲んでいる。

女房に言わせると、口を開けて寝ているからだという。 所謂口呼吸ってヤツだ。

ええい!それなら口は塞いでしまえ!と、唇を閉じるテープを購入し貼ってみた。

すると睡眠時間がまた延びた。 いびきも無くなったらしい。 しゃべれないが、寝るから良いのか・・・。 

きゃおじゅう、ばんしょこーだゃらけでふ。

あま~~い!

昨年は中止になったが、今年はやわらぎ保育園で2年ぶりに花まつりが行えた。

天気も良くて、外のパレードも出来た。

法要といってもお題目だけで、後は鳴り物を適当に「チンチンバンバンゴンゴンジャラジャラ」と、鳴らすだけ。

理事長先生のオハナシも毎度おなじ。

そんな簡単な行事だけれど、子供達には何か大切な経験をしてもらった気がする・・・。



心の癒やし

若い彼女も家族も父の早すぎる死を、まだ受けとめきれないでいる・・・。

「じゃ法事始めさせて頂きますね・・・」と静かに告げて、道場偈を発音しようとしたその時。

「アハハハっ」と彼女が突然笑い出した。 するとつられて母親も笑い出している。

少し始めるのを待ったが笑いが止まらないので、「どうしたんですか?」と振り返ると、「これ」って彼女が私に見せる。

黒い数珠だと一瞬思ったが、何かが違う。 ナツメ型の石?が混じっている・・・ん???

そう彼女はネックレスを数珠だと思って手にかけ合掌していたのである。 私も大笑い。

気を取り直して、一緒に読経をしているとお題目と焼香の時には、今度はすすり泣き。

こうして年忌を重ねるごとに、節目をつけて一緒に悲しみを乗り越えていこう。

50年前にワープ

新年度の信行会が第50回の記念年になることから、古いテープを聞いている。

ウチの師匠は信行会や教研会議、兵庫県の夏期講習会などの様子をテープに録音して残していた。

師匠の部屋をかたづける時に、沢山あったこのテープを箱にまとめて取っておいた。

最近このテープを引っ張り出してきて整理してみたのである。

ナント50年以上前の法蓮寺の入寺式の音声も残されていた。

テープが古いので切れたり絡んだりしないか、心配しながら恐る恐る聞いてみた。

あぁ聞けるナントカ聞ける。 師匠の若かりし肉声の講義を聴いていたら、ひょんな話が出てきた。

「最近、寺の階段を甥っ子が飛んで遊んでいる・・・」と言うのだ。 

それは小学4年生の私の事だった。 その時師匠は48歳。 今の私より10歳も若い時の講義だ。 へぇへぇへぇ~
プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR