お祖師さま、申し訳ありません。(-_-;)

また負けてしまった・・・何がって? 野球です。そう、草野球。

過去にも何回かこのブログに書いていますが、日蓮宗の坊さんで野球チーム「イーストマンクス」を結成しています。

シーズン中は、ほぼ月2回ペースで試合があります。私は一番高齢でウンチ(運動音痴)なので役立たずです。

それでもチームの人数がいつも集まらないので、私でもライトのレギュラーです。

守っている間は「よし!来い!」と大声で叫びながら、心の中では「飛んでくるなよ・・・」と祈っています。(^^;)

昨日も大差で負けてしまったのですが、何が悔しいって、真言宗のチームだったからです。






スポンサーサイト

沖縄慰霊の日

今日6月23日は、沖縄慰霊の日である。私は、昨日一昨日と立正平和の会で雨の中、現地を訪れた。

普天間・嘉手納・辺野古・・・新聞でよく見かける地名を実際に、この目で見て回った。

数年前に団参で訪れているので、私は二度目になるのだが、基地問題を実際に肌で感じたかったのだ。

語り部の人がバスの中で、沖縄と政府間の摩擦や基地問題の現実を色々と教えて下さった。

そして沖縄国際大学のヘリ墜落現場や普天間移設の候補地、辺野古のサンゴの海も見てきた。

基地建設を阻止しようと、住民がテント村を作り監視活動を続けておられ頭の下がる想い・・・。

オスプレイ配備の問題にしても本土では、ほとんどニュースにもならない。

沖縄の人々の苦しみを改めて感じ取るとともに、自分自身の平和ボケを反省する2日間だった。

見聞触知、皆菩提に近づく

タイトルは、開経偈の一節である。布教研修所の時に、主任先生が我々研修生に半年間与えたテーマであった。

昨日、平和セミナーを開催した。雨が降る中で来て下さった出席者は24名。

まだまだ物足りないが、前回が13名だった事を考えると倍になったとも言える。とりあえずヨシとしよう。

何より嬉しかったのは、違う他寺の檀家さんが来て下さったり、初めて参加の方がチラホラ見られた事である。(^^)/

終末介護という重いテーマの話しだったが、講師先生には、率直に今の医療や介護の問題点をご指摘いただいた。

歯は全身病の元。徘徊には目的がある。その人が一番輝いていた時を蘇らせる。傾聴は楽しみながら聞く。

生老病死という苦は人間に悩む機会を与えている。病気や被災者というイメージに、その人を包んではイケナイ・・・。

子供に老いや病、そして死を体験させる。何故なら「いのちはいのちに触れてこそ輝く」のだから。

SOMEBODY'S NIGHT

関東関西の合同法縁講が開催され、中山法華経寺へお参りしてきました。

今回は時間が、ゆっくりと有って境内の散策が許され、念願の当山開祖日亀聖人のお墓を見つける事が出来ました。

実は、先週にも上京していましたので、池上の歴代廟も散策したのですが、判りませんでした。

当山の五世に就任させて頂いた報告を、ようやく開祖の墓前で行う事が出来て感無量でした。

貫首猊下にも、法燈継承式以来になりますので、ご挨拶が出来て良かったデス。

真間山弘法寺にもお参りし、夜は矢沢B吉と握手した熱いSOMEBODY'S NIGHTでした。


日亀上人のお墓 by中山

アマゴ

アマゴっていう魚をご存知でしょうか。

川魚の一種で、ヤマメやイワナと並ぶ清流にしかいないキレイな魚です。

都会では、まず売られている事は無いでしょう。渓流釣りをする者にしか味わえない魚なのです。

東京のお檀家さんから、このアマゴが真空冷凍パックで届きました。

ご自身で釣られたアマゴで、私がおねだりしていたのです。かなりの大物も入っていました。

塩焼きが一番美味しいとの事なので、グリルで焼くのはもったいない。炭火を熾しました。

ビールがすすんだのは、言わずもがな・・・ですね。 ご馳走さまでした。

焼けるのが待ち遠しい

事件は現場で起きている。

10数人の男女がうごめき、刷毛をもってアチコチをパタパタ・・・とやっている。

ある者は郵便受けを。ある者はシャッターパイプを。ある者は、工事用虎柄結界棒を・・・。

路上には、アルファベットや数字を書いた札が、壊れた眼鏡や携帯・ビニール傘の横に、置かれている。

「ご主人ちょっと来て下さい」と私を呼ぶ声がする。「ここにちょっと立って下さい」と言われ指定の位置に立つ。

「いいですか?撮りますよ」と言われても、どんな表情をしていいか戸惑う私・・・。

まさかピースも出来まい。当然だろう。血痕と一緒に記念撮影だなんて・・・

真夜中の鑑識捜査は、丁寧に2時間ほどかけて行われた。私は、それをパジャマ姿でずっと見ていた。(-_-)


プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR