走れボウズ

師走らしい師走です。

もちつきは暖かい日和に恵まれ盛況で終わりました。 お寺なのに、クリスマスには行列の店のチキンを食べました。

神戸市の新築検査があり、続いて檀家検査。 建築屋と追加工事の支払い金額の折衝・・・。

その合間を縫ってお参りと葬儀をこなします。コインパーク業者競争は急展開で決着がつきました。

そして昨日から、夜は火の用心・・・。年賀用の寺報も届き、仕事は山のようにありますが、毎日楽しんでいます。
スポンサーサイト

猿でも出来る!?

中学生の三男は、次の生徒会執行部選挙も終わり、最後の仕事に取り組んでいる。

後は、受験を残すのみだ。決して学力が上の方という訳でもないが、下でも無い。中の上というところか・・・

よく学級通信を持って帰ってくるので、いつも何気なく見て今の中学生を知る。

「人と猿の違いは何か?」という授業をやったようで、全ての生徒の答えが書かれていた。

あまりにも幼稚なレベルの答えに愕然とする。 私も中三の頃だったらこんな程度だったのかな。

特に猿には「感情が無い」「考える力が無い」という答えには、動物とふれあう機会の少ない現代っ子の陰を見る。

我が家で犬とウサギを飼っているのは、子供への教育も考えてのことだったが、見事当たった。

一道清浄

昨日、開祖の墓前へ落慶の報告と、新井日湛猊下に御礼の挨拶の為、法華経寺へ行ってきました。

行堂も開催中でしたので、ちょっとお見舞いに覗いてきました。

もう同級生が、全堂代表です。管内の参行と一緒に面会したのですが、改めて行間格差を感じました。

菰筵の雛壇で、やせた姿でしゃがれ声の行僧と話をしながら、「大変そうやなぁ~」と思う反面、羨ましくもあります。

何故、そんなキツイ荒行を羨ましいと思うのか、檀家さんは理解しづらいでしょうね。

耳にタコが出来るほど聞かせられているであろう言葉・・・

「初行は一回やで。がんばりや~」と、ナンのひねりも無い同じ台詞を、私も初行僧に発してしまいました。 南無

モンペ

ただ今、戦争展開催中です。明日迄ですので、是非若い方に見て頂きたいと思います。

昨日・今日と小学生が、学年単位で大勢来ました。

戦争展の方が、展示品について説明をしたのですが、担当者は高齢です。

その方が何気なく「もんぺ」という言葉を使い、子供が「モンペって何?」とヒソヒソ話していました。

「あぁそうか、今の子供は『もんぺ』という言葉も判らないだろうなぁ~」と改めて考えさせられました。

思わず「作務衣みたいなもんや~」と声を出しそうになりましたが、よく考えたら「サムエ」も判らないだろうな。

人に理解してもらうよう説明するのは、いかに難しいかを思い知る。

心配の種

落慶前から、フランスにいる次男がちょっとしたトラブルに巻き込まれた。

あちらとラインやファクスでやりとりしたり、荷物を国際便で送ったりと、何かと大変。

国内だと当たり前のように簡単な事も、海を越えるとなると、こちらも馴れない手続きに戸惑う。

時差や向こうの環境・設備の事もあり、すぐに意思疎通のキャッチボールが出来ないのも心配の要因である。

カワイイ子に旅をさせるのも、めんどくさいな~とつくづく思う。  






プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR