茅渟の浦波うち寄せて

寺子屋が無事に終わり、その足でかねてからとよっちに誘われていた30年以上ぶりの同窓会へ顔を出した。

出席者は80名あまり。半分は商業科の女子なので、当時でも判らないのだから、ほとんど初対面である。

同じ普通科の男子ならば、久しぶりでも顔で名字ぐらいは出てくる。

しかし女子となると、「んーー見た事あるけれど、誰やねん・・・」と心で叫び、「さっぱり判らんわ・・・」と小声で独り言。

顔と名札を交互に見比べる。 皆キレイになったので・・・と一応ブログには書いておこう。

50代の「クールキャツ」のロッケンロールには、パワーをもらいました。 楽しかったです。 幹事の皆さん有り難う。

1026.1
スポンサーサイト

出たとこ勝負

ここんところ、お寺の行事で一般参加が可能なものに折り込みチラシを打っている。

折り込み料は、チラシの大きさによって1枚単価が決められており、曜日や配布地域によっての差は無い。

最初に試みたのは、ヨガだった。 3600枚配布して反応が6名あった。 しかしドタキャン3名。

土用丑は1000枚撒いて無反応。 今週の夢の吹奏楽は同じく1000枚で、今のところ問い合わせ1件。

行事の内容にもよるだろうし、次の寺子屋は申込みの必要は無いので、いきなり来られる近所の方もいるだろう。

問題は、どの程度の客席を用意しておけば良いのか検討がつかないのが、悩みの種。

せっかく高校生が頑張る機会なので、是非たくさんの方々に御来山いただきたいと、切に願う。

 

ショショションション

兵庫東部伝道センターの六甲万灯連に参加して、身延へお参りしてきました。

万灯行列を見学することは何回もありましたが、実際に自分が参加するのは初めてです。

心配していた雨も無く、思い切りデンデン太鼓を打ち鳴らしてきました。

尺二のマイ太鼓を持参しようと、思ったのですが・・・

「練習も参加してないのに、そんな大きな太鼓持っていったら、かえって迷惑になる」と女房に止められました。

久しぶりに万灯常連の友人に再会しましたが、彼は二尺のでっかい団扇太鼓をリズムよく叩いていました。  さすが・・・です。

明日は池上のお会式祥當逮夜です。

1011.1


夫婦50割

映画館に足を運ぶのは何年ぶりだろう。 

最近の映画館は、椅子も広くて大きく、飲み物トレイまで付いていて、大変便利。 そして全席指定の入替制である。

張り切って上映の開始20分前には館内に入ってジロジロ見渡して、内装やら造りやらを見て楽しんでいた。

私たちの後ろで、同じような夫婦が「何番やったっけ?」「えっ?こっち?」「いやココとココやろ!」「そうかな??」と着席。

暗い上に、チケットに印字された文字が小さくて老眼でよく見えないらしい。 しばらくして「あの~スミマセン・・・席合ってますか?」

案の定、後ろからまた声がする。 「あぁこっちか?」 「スミマセン」 「いやいやこちらこそゴメンナサイ」 お互い謝りあっている。

そこへ奥さんが戻ってきた。「あぁお父さん、やっぱり●列の○番と○番やったわ。トイレの明るい所で番号確認してきた。」

見た映画は「ハドソン川の奇跡」 夫婦仲の良いパイロットの実話物語だが、機長は目が良かったんだろうなぁ・・・

トムハンクスのように、カッコ良く年を取りたいが、目の老化と薄毛の時点で、もうすでに追いつけない。
プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR