痴漢あかん

「チョットチョツト新間さん。今朝一緒に風呂入ってたやないですかぁ~」 後輩が駆け寄ってきて私に声を掛けてきた。

「おう、朝風呂一緒やったな。 どうした?」 

「アレね・・・。 女風呂やったらしいですよ!」

「えーーーーーーーっ (@_@) うそぉっーーーーー! 」 「えっ?えっ?だって、だって、のれん確か水色やったやん?」

「のれんは、水色なんですが、昨日の夜と男女の風呂が交代する制度やったみたいです・・・」

「ええぇっ ホンマかぁ・・・・ (>_<) うわぁ~~いゃあ~、気がつかんかったなぁ~」  「誰もこんで良かったなぁ~」

「女性入ってきてたら、二人ともアウトやったな。 教研会議どころやあらへん。」

「俺等の言い訳、ちゃんと傾聴してもらえたやろか・・・・援助してくれたかなぁ。 きっと後世まで語りつがれる事件になってたな。」 

スポンサーサイト

夢の綿菓子

長男の時も次男の時も保護者として、私は学校に一回も行ったことが無い。

昨日の夜、高三の三男の文化祭のパンフレットが、無造作に机の上にあったので、パラパラとめくって見る。

よく考えたら自分の高校の文化祭以来、そんな所には、30年以上顔を出していない。

この機会を逃すと、孫の文化祭まで向こう20年は、見るチャンスも訪れない・・・と考える。

去年、寺子屋でお世話になった吹部のステージが、見られそうな時間帯だったので、思い切って女房と出かけてみた。

やっぱり若い人は、エネルギーがみなぎっている。 人も多いし、熱気もすごい。

ピンクの綿菓子を60円で食べてみた。 甘~い。 こちらは小学校以来だと思うが、味は一緒である。 

体育館は、異常に暑い。 これでは、ジジィになってから来たのでは、倒れてしまう。

私は自分がやった2階上部のスポットライト係を懐かしく肯きながら見ていた。 アンコールは、やっぱり宝島。  (^_^)v

かっぱ恵比寿せん

日蓮宗新聞社から「ファンレター」が届いたと、PDFの付いたメールが入った。

6月1日号の『お茶請けあるある』の記事を読んで、「悲しかった気持ちが吹き飛んで爆笑した」と書かれていた。

手紙の内容は、何かのついでに書かれたものでは無く、その事だけに触れられた内容で埼玉の女性からでした。

もし私が「面白い」とか「良かった」と感じた事があっても、それを相手に伝えよう・・・

という行動には、ナカナカ踏み切る事はしない。

私のつたない話で、少しでも笑顔になって頂けたのなら、こんなに嬉しい事は無い。

こちらこそ心より感謝です。 Oさん。 (^_^)/ 

お寺からの布施

梅雨に入ったわりには、雨が降りませんね。 お寺としては水道代を気にしながら植木の水やりをしています。 

鯉が何匹か死んだので、池の水も入れ替えました。

緑は新芽も雑草もドンドンと伸びる時期なので、水をやっては剪定し、薬を撒いては雑草を枯らします。

虫除け剤を設置しながら、蚊や害虫をなるべくコナーズにして、メダカやタニシを育てています。

先日は、カタツムリも山から捕ってきて放しました。

ぽっかりと空いた所には花を植え、毎日落ち葉の掃除を欠かしません。 

自然と調和し、癒やしの空間を演出するのには、お金も労力もそれなりにかかります。

プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR