FC2ブログ

問題です。じゃじゃん!

正月用の寺報が出来上がり、全て発送を終えた。

いつもながら校正は寺の者だけでなく、檀家さんにも見てもらって何人も何人もチェックしている。

細部までチェックし、これでもう間違いは無いだろう・・・とギリギリまで飽きるほど校正して印刷へ廻す。

それでも1箇所か2箇所、誰も気が付かないような小さなミスがいつも見つかる。

今回も出来上がってきてから見ていたら 「あぁ、しまった~」 という箇所があった。

一つは微妙な私の拘りなので気づかない人も多いと思うが、一つは誰もがよく見れば判るミスである。

ええい、めんどくさい。 問題にしてやろう。 今回の寺報vol.27のあきらかなミスは、どこでしょうか?

ちょっと難しいと思うので、ヒントは会計です。 
スポンサーサイト



ホームにて

女房と三宮に出かけようと寺を出た。  単車は寒いし、車は混むので電車にした。

新開地で、女房が先に改札を抜ける。 

続いて私もピッとして改札を抜けようとしたら、ガシャンって通せんぼされた。

「チャージまだ残っているハズなのに、ナンデヤネン」と手元のカードを見たらETCだった。

駅員の視線を感じる中、カードしか持ってない私は、先に入った女房に手を伸ばして130円を受け取った。

ホームに下りた時、最後部車両はゆっくりとトンネルに吸い込まれていく所だった。

真実は一つ

やたらに、ご立腹のご婦人から寺に電話が掛かってきた。

最初は何を言っているのか、良く飲み込めなかった。 どうもその方の携帯留守電に私の声が入っているらしい。

??? 内容を良く聞くと、先ほど私が檀家宅に電話して、メッセージを残した内容と一致している。

相手はチョー怒っているので、とにかく平謝りして電話を切った。

私が電話をかけ間違えたのかと思って、発信歴を確認すると合っている。 そして名簿とも合っているので記録間違いか?

しかし着歴で確認すると、怒ってかけてきたご婦人の携帯の番号とも全然違う。

どういうことだ?  冷静に考えて割り出した推論は、こうだ!!

私がかけた相手は、かなりご高齢の檀家さんの携帯。

もう電話に対応出来ない状態になっていて、娘さんの携帯へ自動転送に設定されている・・・。

しかし設定された転送先の番号が間違って入力され、怒ったご婦人の番号になっていた。

どうだろう? それしか考えられないのだが、どちらにしても怖くて、この番号にはもう電話出来ない。

それにしても、ただの間違い電話なのに、そないに怒らんでも・・・という剣幕だった。 心が三毒に犯されている・・・。
プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR