FC2ブログ

怪談説法②

背中に悪寒を感じながら考える。 遷化されたお上人は兄弟がいたので、名前そのままにパソコンを引き継いだのかな?

そういえば冒頭の挨拶で私は「この輪読会で一緒に勉強する仲間を増やしたい」旨の発言をした。

その後、京都のM上人(三島管区と別のM上人)が、情報LINEにIDを流していたな!

確認すると私も知らない39名の方々にIDが流されていて、遷化された方のお名前もあった。 これだ!

今度は慌てて京都に電話を入れる。 尋ねてみると三島ではなく、この方は九州の布教師会長である・・・と。

次は名簿を取り出し探してみると、いたいたいた! 全く同姓同名のお上人が、もう1人いたのだった。

私は肩の力が一気に抜け、血色が蘇った。 三島のM上人にはしばらく怖がらせておこう (^_-)  
スポンサーサイト



怪談説法①

輪読会の講義をズームで受けていた時のこと。 参加者も基本ビデオ付で御願いしている。

IDは私の知っている教師にしか知らせていないので、誰でも参加出来るわけでは無い。

しかし途中から名前の表記だけて1人の方が入ってこられた。  三島管区のお上人やな・・・。

直接は知らない方だが名前に見覚えがある。 誰かIDを教えたのかな? そのままスルーして講義は続けてもらった。

昨日届いた日蓮宗の宗報を何気なくみていたら、おもわず「ぞっ」とした。 2月にその方は遷化されている・・・。

それも51歳の若さで。 宮川大輔ばりに、「えええっ!」と思わず 大声を張り上げ、慌ててその管区のM上人に電話した。

同じ三島管区だが、M上人もその遷化されていた方は良く知らないらしい。 ましてやIDは誰にも教えていないと・・・!

しかし確かにその方の名前は参加してたと言う。 私の勘違いでないことは証明された。 二人で背中が急に寒くなった。

この話は次回へ続く・・・・

広くなった通学路

40年ぶりにだろうか。 高校の通学路を当時と同じコースで歩いてみた。

同じ区内にある母校だが、一方通行も多くて車や単車で普段は通ることの無い道ばかり。

車が入れないような細いジャリ道や私道もあって、今回のように意識して歩かないと通ることはない。

「あれ?ここやったかな?いやもう一本先か?」と、当時とあまりに様子が変わっているので首をかしげながら進む。

子供の頃に体験した遊び場や道を久しぶりに訪れると「アレ?こんなに狭かったけ?」と普通は小さく感じられるもの。

ところが今回は逆だった! 「こんなに広かったっけ??」 「あぁ・・・震災か。」 その結論に胸が締め付けられた。
プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR