明るいナショナル

先日、いつものように朝5時に寺の周りを掃除していたら、杖をついた男性に声を掛けられた。

「はい、この寺のものですけれど・・・」 私は朝勤時の太鼓のクレームかな?っと思ったが、違った。

「私、このマンションなんですけれど、切れた蛍光灯の電球を変えて欲しいんです」

ああ、なるほど足が悪くて一人暮らし。 ウチの檀家さんでもよくあるパターン。

さっそくその方の部屋へ伺って、蛍光灯を取り替えたがやはり点かない。 ???

グロー球だと思ったが「それは何ですか?」と知らないようだったので、寺に取りに戻って対処したら明るくなった。

御礼にと千円札を差し出され、私は「要らない」とだいぶん断ったが、あまりにしつこく言われる。

ココは受け取っておいた方が、その方の気分が落ち着くだろうと判断し、頂戴することにした。

女房が「チコウさんのお小遣いにしといたら?」と言ったが、それでは私の気分が落ち着かない。 

こういう時、すぐに喜捨できる賽銭箱が、身近にあるのは便利だなっと思った。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR