70年代の電通戦略十訓

アフロのイナガキさんの本を読んでいる。

私は高度成長期に生まれ育ってきた。 小学校時代は薪風呂だったし、それが壊れて風呂屋へも通った。

洗濯機の脱水はローラーで、服を伸していた記憶が確かにある。

大学生の時は白黒テレビで、電話はクロ電話だった。 レコードからカセットテープ、コンポへと音楽シーンは彩られた。

物を手に入れたら幸せになれる。 まだまだ足りない・・・そんな戦略に踊らされていたのだ。

人が生きて行く上で必要な物って、実はそんなに無い。 大量商品の海で、もがき苦しむ私達。

家電を捨てたら、欲も無くなり自由になった。 まさにシンプルな生き方が、今の私達に問われている命題だと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

chikou

Author:chikou
日蓮宗 妙法華院 住職。
HPもご覧ください。
http://www.myohokkein.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR